営業日

2021年 09月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30   
今日
QRコード
 
 
  • トップ
  • HBG限定特典付
  • 【HBG限定特典付】愛は、憎しみによく似ている 憎しみは、愛によく似ている 初回限定版

【HBG限定特典付】愛は、憎しみによく似ている 憎しみは、愛によく似ている 初回限定版

商品名 : 【HBG限定特典付】愛は、憎しみによく似ている 憎しみは、愛によく似ている 初回限定版

商品コード : HBG-745

製造元 : PIL-VAMP

価格 : 7,734円(税込)

商品発売日:2018年2月23日

数量 :


 ご注文商品の合計金額が5,000円(税込)以上の場合無料

※メーカー取り寄せ、通常1週間〜1ヵ月以内のお届けです。

【物語】
舞台は昭和初期の東京。
浅草育ちの主人公・成嶋綾子は、甘味店を営む父と二人暮らし。
タイピストとして働いている。

久しぶりに長兄が顔を見せるという週末、近所の寿司屋から出前を取り、
家族水入らずの夕餉を楽しんでいた。
ふいに父の正造が切り出した。

「見慣れねぇ名前の奴から手紙が来てんだけど」

父が見せた見知らぬ「弁護士事務所」から届いた封書には、
予想もしなかった重大な内容が記されていた。

「谷中法律事務所の弁護士蒲生龍彦と申します。
先日逝去された大富豪小沼三郎の代理人を務める者で、
氏の遺産相続に関してお話したいことがあります」

目もくらむような莫大な遺産。
(どういうこと……?大富豪の遺産って、まるで少女小説みたいじゃない)
戸惑いながらも、綾子は蒲生弁護士の話を聞くことを承諾した。

次兄も駆けつけ家族が勢揃いした自宅にやってきた蒲生弁護士は、
綾子に奇妙な依頼をする。

近々行われる小沼老の遺言状公開の場に立ち会い、
相続執行に協力してほしい。
それ以上の詳細は、遺言状を公開するまで不明だと言う。
綾子が遺産を相続するわけでもないらしい。
なんとも曖昧な話に、疑心と不安が膨らむ。

さらにその席上で、綾子は自身に関わる衝撃的な秘密を知ってしまう。
自分を信じて出席して欲しいと蒲生弁護士は言い残し立ち去った。

悲しみと不安と困惑を抱える綾子を、
久しぶりに再会した幼馴染の佐伯潤一は優しく慰め、そしてまっすぐな瞳で求婚する。
突然の言葉に驚きつつ、綾子の胸に甘やかな気持が広がっていく。
遺言状公開の日が迫る中、潤一の力強い言葉に背中を押されるように、
綾子は立ち会いを承諾する。

そして当日、ホテルに集まった相続権利者の面々は――。

誰かを愛せば、誰かに憎まれる。
何が真実なのか、誰が味方なのか、
瞬きを繰り返すほど、謎は入り組み底なし沼のように深まっていく。
暗夜の迷宮をさまよう主人公は、運命の愛をつかむことができるのか。

【原画】
えまる・じょん

【シナリオ】
堀川ごぼこ

【HBG限定特典】
書き下ろしSS 松ヶ枝史弥篇



※ 18歳未満のお客様はご注文いただけません。


©PIL-VAMP

ページトップへ

  • 代金引換
    手数料400円
    銀行振込
    手数料お客様負担

土日、祝日、夏期・冬期休業日、棚卸し日(月1回)は休業日とさせていただいております。
休業日もご注文頂く事は出来ますが、休業日前日の午前11時以降のご注文は、翌営業日に受け付け致しますので、配送日時をご指定の際は十分ご注意下さい。